東洋のProvinciare観戦記

東洋のProvinciare観戦記

アントラーズファンのサッカー観戦記。色んな試合も書いていきます。

アントラーズガンダム作りました

今回、アントラーズガンダムを購入したので作ってみた。

ガンダムを作るのは小学生以来。

 

f:id:ysakurablog:20200621080954j:image

 

もうちょっとかっこよく撮りたかったが、センスがなくて断念。

久々に作ったが、パーツを確認しながら慎重に切ったりしたので意外と大変だった。。、

2020/6/20  TM vs FC町田ゼルビア戦

本日、FC町田ゼルビアとの一戦は45分を4本行い、1−0という結果に終わった。

得点は3本目、土居選手の放ったシュートが相手DFにあたりオウンゴールになったものだ。

 

試合の所感

試合の内容としては正直寂しいものだった。

 

開幕時のチーム状態に関しては、満足な調整時間が与えられることもなかったためとのことで、ある程度結果や内容に関しては厳しいものにならざるを得ないと思っていたが、このコロナ情勢の中でも改めてチームを調整できる時間はあったように思えてしまい、今日の内容を見るとそれほど以前より進歩があったのかどうかは不明だ。

 

主導権を握ってサッカーをしたいのは分かるのだが、どうしてもボール回しがぎこちなく見えてしまう。

町田の動きやコンパクトな守備が良かったということもあるが、川崎・浦和などを見てきた印象だとまだボールを回すということにおいては窮屈な印象が出てしまい、パスミスなども多々見られ、まだまだスムーズとは程遠い。

 

CBからのビルドアップ

一番後ろからビルドアップする際の関川、町田に関して、グラウンダーのパスはまだ良いのだが、ロングフィードは正確性に乏しい。

パスミスが多い印象だ。

1試合目からの起用という事で期待度が高いのか分からないが、攻撃面に関してここからこの様なミスが多い様だと、おそらくこれからも苦しい場面は多く見られるのでは無いかと思う。

 

アタッキングサード手前からの内容

ここはチームとしてどの様に捉えているのだろうか。

チャンスらしいチャンスを思い出してもおそらく下記くらいだったのでは?と思う。

 

主導権を握るサッカーをしたいと言っても現状ではただ保持しているだけで、選手間でのワンタッチ・ツータッチパスでの崩しはほとんどうまくいかず。

うまいと感じたのは内田選手の飛び出し方やアラーノ選手の個人技、荒木選手の動き方、などくらいで、時間帯によっては選手の足が止まり、本当にボールを回して窮屈そうにしている印象しかなかった。

 

再開まであと2週間

さぁ。再開まであと2週間だ。

再開初戦はフロンターレ。このまま行けばおそらく勝つことは難しいだろう。

今年に入ってからのアントラーズの試合を見ているが、おそらく前半の最初の方はうまく戦えるかもしれない。

だが今日の様に、時間が経つにつれてじりじりと相手に主導権を握られ、気づけば失点をしている(今日は無かったが。)様な状況になりかねないと個人的には思っている。

だがここまできたらもう劇的な改善は見込めないだろう。

オリヴェイラ監督の時だって、最後にあんな結末を迎えるとは思わなかった。

ザーゴ監督だって何が起こるかは分からない。

まずは今年1年、長い目で見てみようと思う。

 

 

2020/2/1  PSM vs水戸ホーリーホック戦

ACL敗退後の試合となったPSMの水戸戦を観戦してきた。

目立ったかなと思うのは荒木選手。

ボールを受ける位置、動き方、扱う技術、どれをとっても高卒新人らしからぬものを持っている様に見えた。

これは開幕スタメンもありうるのではないかと感じさせる様な内容だった。

 

気になるのは得点が1点だったことか。

ボールは支配している。やりたいサッカーも見え始めている。シュート数も多い。

しかし結果的に得点は1点で止まっている。

 

まぁここはこれから連携が取れていけばまた違った結果が得られるのだろうか。

いよいよ来週、ルヴァンカップからスタートする。

 

2020/1/28 ACLプレーオフ vsメルボルンV戦

2020年の初戦。アントラーズACLプレーオフを闘う。

後半60分まで見た印象。

あまり去年までと変わってない。

 

ボールは保持するがシュートがない。

相手が引いた状況なのでしょうがないといえばしょうがないが。

 

和泉と白崎が交代で入る。

レオシルバと伊藤が交代で入る。

 

だが手を打てども打てどもゴールは決まらない。

引いた相手に対して崩すためのバリエーションがない。

なんだろう。

昨年のデジャブを見ている様だ。

 

そしてタイムアップ。

悲しいことだが、アントラーズはここで敗退。

今年は国内タイトルに専念することになる。

 

新シーズンの始動

いよいよ、アントラーズの2020シーズンが始まろうとしている。

1/28のACLプレーオフを皮切りに新たな1年がスタートしていくのだ。

 

今年のスタートは選手にとって本当に気の毒な日程となった。

1/1の天皇杯決勝から1ヶ月も経たないうちにキャンプから公式戦へと移っていく。

様々なことにも変化があり、監督交代、10名以上の選手・スタッフの入れ替えなど、チームの変化が例年に比べても大きい印象だった。

 

そんな中、個人的に少し楽しみなのはザーゴ監督だ。

この監督が描くアントラーズのサッカーはどのようなものになるのか。

まずは28日の試合を楽しみに観てみようと思う。

 

戴冠は鹿島の頭上に輝くか。

まずは初戦から。

1つ1つを大事に勝利していってもらえたらと思う。 

 

現状戦力でアントラーズの配置を考えてみた

現在決まっているだけの戦力で4-4-2をベースに選手を当て込んでみた。

去就が不透明であったり、個人的な好みや現状でプレーがわかっていない選手もいて怪しい部分は多々あるが、一旦まとめてみたものが下記の内容である。

アントラーズフォーメーション画像

 

白崎のあたりなどは和泉の方が先にくる可能性はある。

または左SBに永戸と杉岡が重複することが予想されるため、どちらかが左SHを務めることも十分考えられそうだ。

こうやって見渡すと、少し心許ないのがCBとCFの位置になるだろうか。

CFはエヴェラウドがどれだけできるのか分からないが、フロントがこれで十分と考えているのかは疑問がつく。

また、相馬がレンタルバックしないようであれば左右のSHができるだけに2列目の厚みは持たせることができるだろう。

 

セルジーニョなど残ったままなのかまだ分からないが、今後も去就を見守っていきたい。

 

 

鹿島アントラーズ 1/5時点での移籍情報

移籍情報に関して続々と報告が上がっている。

満さんが言っていた通り、大幅な刷新が図られそうな内容である。

ここから加入に関して気になるのは相馬がレンタルバックになるのかどうかだろうか。

 

■新規加入

荒木 遼太郎(←東福岡高校
松村 優太(←静岡学園高校)
染野 唯月(←尚志高校)
山田 大樹(←アントラーズユース

広瀬 陸斗(←横浜Fマリノス
奈良 竜樹(←川崎フロンターレ
永戸 勝也(←ベガルタ仙台
杉岡 大暉(←湘南ベルマーレ
和泉 竜司(←名古屋グランパス
ファン・アラーノ(←インテルナシオナル
エベラウド(←シャペコエンセ

 

 

■他チーム移籍

レアンドロ(→FC東京 ※レンタル)
垣田 裕暉(→徳島ヴォルティス ※レンタル)
中村 充孝(→モンテディオ山形
山口 一真(→水戸ホーリーホック ※レンタル)
金森 健志(→サガン鳥栖
チョン スンヒョン(→蔚山現代FC(韓国))
小池 裕太(→シントトロイデン)
小田 逸稀(→町田ゼルビア ※レンタル)
有馬 幸太郎(→栃木SC ※レンタル)
 

■来季更新無し

川俣 慎一郎
久保田 和音